TECHART LM-EA7 予約開始・・・・?とVoigtlanderあれこれ。

http://stkb.co.jp/info/?p=3132

予約開始されたと思ったら初回ロット分がすでに終了。
3末発送だから思ってたより早かった。。。

次の生産までは時間かかりそうだから1~2ヶ月は品薄なんじゃないかな。
EOS-NEX Ⅲがそんな感じだったし。

若干悔しいな・・・・早めに情報得てたのにこういうタイミングだけピンポイントで逃すあたりが。。。

ちなみに最近、いわゆるオリジナルノクトンを入手しました。ProminentのNokton 50mm F1.5です。
近々ネタにして何か書きたい・・・・です。
KIPONのマウントアダプタでL39化し、L-MリングでLeicaM化した後、VoigtlanderのVM-E Close Focus Adapterで愛機に取り付けております。
予想通りといいますか、KIPONのアダプタが思いの外ヘリコイドの移動量が少なく全然寄れないんですが、CloseFocusAdapterで+4mmほどカバーして現代レンズ程度には寄れるようになってます。若干面倒だけど。。。

で、前述のLM-EA7に期待がかかってたんですが予約すらできなかったっていうね。

あれ、本家VoigtlanderとCOSINA Voigtlanderの共演になってんだなぁ・・・そういえば(笑

時期を同じくしてProminentのUltronも入手してみましたが、こっちは前玉の小キズが多くて、蛍光灯程度でもフレアの類がぶわっと出ます。
元から出るのかは知らないけど・・・

大人気のZeissのUltron(いわゆる凹みウルトロン)でも逆光時に虹が出たりしますけどねぇ。。。(笑

この2本を手元においてしまうとどうしてもColor Skopar 50mm F3.5を手に入れてみたくなりますが、これがまたレアなんだよなぁ・・・デッケルのF2.8のほうが半ば捨て値で転がってるんだけど。

デッケルといえば、念願のSkoparex 35mm F3.4を格安で入手していた。M42版はもともと所有しているんだけど、たしか設計が違うんだよね・・・?方やVoigtlanderかたやZeissってのもありますけど。これも比べてみたいものだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク