fringer CN-SE マークⅡ入手

DSC09154

初回記事からどうかしてるような内容で恐縮ですが、α7RⅡ所有者だったらきっと驚かない。。。はず。

AFができるCONTAX Nマウント電子アダプタ

正直、CONTAX Nマウントを使う事自体なかなかアレなんだけど
さらにAF可能なマウントアダプタを利用するとなると少数派になるんですが、気づいたら入手しちゃってました。マークⅡのほうを。

マークⅡは先代と何が違うかというと、α7RⅡの位相差AFに最適化されていて、コントラストAFのソレとは一線を画したAF速度が実現されているということ。

先代と比較

DSC09155外見じゃ全然区別がつかない・・・

DSC09156 DSC09157
という感じで、レンズのバージョンで区別することはできます。

肝心のAF動作速度・精度は?

軽く動作確認してみましたけど、確かに位相差AFが動作して早いは早い・・・が、VS70-300のテレ側 F5.6になると室内ではAFが迷って合焦しないです。ある程度の光量は必要な感じ。日中野外なら全く問題にならない気がしています。

感触的には、TECHARTのTA-GA3のファーム2.1の位相差AFより挙動が良さそうな雰囲気。次の週末にでも街歩きでVS24-85かPlanar 1,4/50で試してみたいところ。
TECHARTといえば、EOS-NEXⅢが出てますけど、EFマウントのレンズそんなに持ってないからスルーかなぁ・・・Ⅱあるし(笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. chris man より:

    はじめまして。先代のfringer CN-SE を持ってますが、firmwareアップデートはできますでしょうか。A7IIの本体のアップデートによりAFが聞かなくなりました。

    • @たく@ より:

      はじめまして。
      コメント返信遅くなりました。
      すでに解決済みかもしれませんが。。。

      まず、私ではマウントアダプタのファームウェア更新はできません。

      次に、本体アップデート後のAFの件ですが

      本体アップデートで位相差AFの項目がメニューに追加されていると思います。

      先代のマウントアダプタでしたら、位相差AFの設定を「コントラストAF」にすることで、従来のAF動作することが可能と思います。
      他の電子マウントアダプタ系でも同様の挙動が多いです。
      →α7RⅡを初めて使ったときも同じことが発生していたので。