300mm 簡易撮り比べ

20151229

手持ちの300mmくらいが出る単焦点/ズームレンズで撮り比べをしてみました。
撮影画像の中心部分をほぼ同じ位置でトリミングしてずらっと並べてます。

撮影~画像編集の手順はざっと
・手持ち撮影 手ぶれ補正有り(MFレンズは焦点距離設定を合わせる)
・開放とF8でワンショットずつ
・RAW保存
・ LightroomでWBを揃える
・フルサイズJPGにて書き出し
・自作プログラムにてPNGにて切り出し合成
・PNGファイルをLightroomにてフルサイズJPGにて書き出し

なんてことやってます。

以下、今回の撮り比べ対象レンズ
(1)TAMRON AF ASPHERICAL XR Di LD 28-300mm F3.5-6.3(A061)
(2)SIGMA DL MACRO SUPER 70-300mm F4-5.6
(3)SONY 4.5-5.6/75-300
(4)MINOLTA AF APO TELE ZOOM 100-300mm F4.5-5.6
(5)MINOLTA AF APO TELE ZOOM 100-400mm F4.5-6.7
(6)SONY 4.5-5.6/70-300 G SSM
(7)CONTAX Tele-Tessar 4/300
(8)HASSELBLAD Sonnar 5.6/250
(9)CONTAX 645 Sonnar 4/210 with Mutar 1.4
(10)CONTAX N Vario-Sonnar 4-5.6/70-300

以下所感
(1)はもっとショボい結果になると思っていたけど健闘している。望遠側を基準に開発されている?開放は甘いけど絞ればしっかりする差が一番出てる。
(2)予想通り、今回の対象で一番アレ。とはいえ解像感が足りないだけでこれはもしかしたらピント精度とか組み立て精度(誰かが分解した後)の問題もあるかもしれないけど、中古相場からみて期待薄
(3)キットレンズ程度の写りしか期待していなかったが、やはりパープルフリンジが出てしまっている。が等倍評価でもこのくらいだから1万以下で入手できるレンズとしてはアリなのかもしれない。
(4)APOは伊達じゃない。(3)とくらべてもパープルフリンジの少なさがよく分かる。Dタイプでなければ安く転がってることもあるのでここまで写るのならお買い得かもしれない。ただ、サイズ/重量を無視できるのなら100-400にいろいろ譲ってしまうかもしれない。せめて70~ならば・・・
(5)上記同様APOは伊達じゃない。300あたりで撮ったが、時代を考えても悪くない写り。これ以上望むなら現行の70-400G使うべき。
(6)実は結構なカビ玉なのでジャンク扱いなんですが、多分カビなし個体ならこの白っぽさが消えてもうちょっとハッキリ写るんだろうな。カビ個体なのにここまで写ることにむしろ驚いた。
(7)今回の結果としては一番良好に思える。やっぱり単焦点レンズは素晴らしい・・・が他のズームレンズもMINOLTAのAPO玉なんか特に健闘してると思える。
(8)コイツだけ250mm さすが中版レンズというかHasselbladというか。見事です。さすがに42MPセンサーでパープルフリンジが見えそうな感じではありますが。
(9)事前の期待では一番キレイに写ってくれるとおもっていたんですが、やはりテレコンかましたからかちょっと残念な感じに。遠景向きではない組み合わせなのかも。(7)より良好な結果を期待したことが間違いか・・・大きく差が付いてるわけでも無いとは思うけど。。。
(10)今回の撮り比べを行うきっかけになったレンズ。気に入ってメインで使っていたものの写り具合に疑問を感じて試してみた結果、なんとも残念。
望遠端だけがひどいんだったら用途もあるんだけど、、、近いうち別距離でもやってみたいところ。1000gオーバーでこの写りは悲しくなる。
いや、解像感以外は問題でもないので等倍評価しなければ。。。というのはあるんだけど、特定場面において、コントラスト低下やらパープルフリンジ、解像感不足に悩まされていたので。。。。。

上記の結果をふまえて、手持ちのズームなら、MINOLTAの100-400を安心して使っていけるなぁ・・・なんて思った今日このごろ。
TAMRONの型落ち便利ズームも健闘してたのが意外。使ってていい印象なかったんだけど望遠端は別なのか。現行のA010に興味が出てきてしまった・・・(笑

ちょっと詰め切れてないところが多々あるんで
もうちょっとレンズ本数絞ってきっちりやってみたいところ。

645Sonnarがアレとかちょっと信じがたいし・・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク