fringer CN-SE α7Ⅱでの位相差AFについて

結論から言うと、2015/11/18実施のVer2.00からα7Ⅱとfringer CN-SE MarkⅡで位相差AF動作が効いているようです。
→某家電量販店にて確認してきました(笑)

α7RⅡと位相差範囲は違いますが、仕組みは同じものを利用しているっぽいので、公式アナウンスされているLA-EA3だけでなく、その他α7RⅡの位相差AF対応を謳っているAFアダプタ全般で、α7Ⅱでも同じようにして位相差AFで利用できる可能性が高いとみて良さそうです。

非圧縮RAWよりも嬉しいという人、かなり居るのではないでしょうかね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク