増える電子マウントアダプタ・・・

気づいたらこんなにある電子マウントアダプタ

・SONY LA-EA3
・SONY LA-EA4
・Techart EOS-iNEX II
 →ファームウェア更新で一応α7RIIの位相差AF対応はしてあるけど・・・
・Techart EOS-NEX III
 →故障により有償交換→さらに初期不良で交換→現在様子見・・・metabonesが楽しくてどうでもよk
・Techart TA-GA3
 →AF精度が悪いというか、像面位相差で狂う理由がわからないw
・Techart LM-EA7
 →AFの動作は結構良い。FDのアダプタが付かない件を解消したい今日この頃。K&Fじゃなきゃイケるのかどうか・・・
・Fringer CN-SE(Ver1)
 →売却済み
・Fringer CN-SE(Ver2)
 →一番使ってます
・commlite EF-NEX
 →やすかったから入手。ファーム更新できたら言うこと無い製品になれた感じが。
・commlite ENF-E1
 →思ったよりは動くし、今のところ唯一のニコンAF対応品(AF-Sに限るけど)
・metabones EF-E mount(Ver4)←NEW!

といったところで・・・実用性どうこうじゃない集まり具合なんですが

この中でも、Fringer CN-SE(Ver2)は、Vario-Sonnar24-85とともに常用してます。
α7RIIの位相差AFに対応している上に、純正に1,2歩及ばない程度のAFなので動きモノじゃなければ実用範囲。
条件が整っているならある程度の動きモノだっていけます。
 →なんて書いてみたけど、そもそも純正FEレンズを所有していませんでした。。。
  →所有はしていないけど、ヨ○バシカメラでいろいろ試しているし、GMだって試してるから感覚はそれなりにわかる。

でまぁ、EFレンズのアダプタが多数あり(上記で4つ)それぞれ特色もあったりするんですが
ファーム更新できないcommliteは不利中の不利。安いの一点が売りというところ。
 →アダプタの金属加工精度は良い感じだと思う。ガタツキも全然ないし、マウントするときもキツいわけでもない。

評判はいいEOS-NEX IIIは、自分が使った範囲では微妙。不具合やら交換もあるけど、個体差みたいなのもあるんじゃないかと。。。
→最初のと1回目の交換品は、使ってるうちにだんだん認識しなくなって、最後はアダプタ単品でつけても絞り値すら出てこない始末。
 →内部で回線焼ききれてるんじゃねーの・・・wイモ半田とかw
  →中古の流通量が比較的多いのはこの辺が原因?
   →購入後1年は無償交換してくれるので、できるだけ中古は避けたほうが良いかと。13000円で有償交換には応じてくれましたけど。
    →ちなみに交換後は交換品に1年の保証がつくって聞きました。
最近入手したmetabonesのやつは、入手して即使ってみて、全然AFしなくてがっかりしたら、ずいぶんとファームが古くて、ファームを最新にしたら、ものすごく快適に動く。
最新ファームが、今月出てたりしてるからまだまだ対応レンズ増えたりとかも期待できそう。

実用性考えたら、metabonesいいかもね!って言いたいところだけど、シグマのMC-11と比較しないと誰のためにもならないはず。
metabones高いけど高いだけはあるなとは思いました。

近いうちに手持ちレンズ+アダプタの比較やりたいなぁ。とは思っているんだけど、MC-11入手してからにしようと思いつつ
どうにも安く入手できていない・・・最近オークションで若干値段があがりつつあって、新品と大差ない値段になっています。
秋葉原の某店で、カカクコムの最安値より安いの見つけたけどソレ買っちゃおうかな・・・・

他にも、KIPONからも出てたねぇ。そういえば。
ごく最近、可変NDフィルタ内蔵の製品も出たようだけど。
KIPONはなぁ・・・QBM-Eマウントのアダプタが無限遠出ないレンズがあってちょっとトラウマ。
 →ちなみに、CarlZeissのPlanar 1,4/50 HFT だったりする。

で、何の話だっけ・・・

あぁ、うん。MC-11入手して、比較やろうって話だね。うん。
Exifのレンズ名の表示は多分各社の色が出てると思う。焦点距離と絞りはそのまんまちゃんと記録してくれてると思う。あとはレンズの相性だよね。

mretabonesが優秀すぎて・・・・techartは新しい電子アダプタ出したら旧製品のアップデートしなくなる傾向があるから
LM-EA7が出た今となっては、EOS-NEX IIIのアップデートは絶望的。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク