LM-EA7 入手・・・したのはいいんだけど。

1つ別記事挟みましたが、予定通りLM-EA7について。

まず、購入に関してなんですが
発売当初、直営通販サイトでの専売みたいな状態で、即完売になっていましたが
そのサイトで、入荷時にメールでお知らせしてくれる登録があって、やっておいたんですけど
全然そんなメールが来なくて。。。

何ヶ月たってもこないなーって思って、ふとヨドバシだとかマップカメラだとか見てたら
フツーに売ってるんですよ。気づいたときには夏。

そんなこんなで入手に出遅れたワケでして。
多分同じ人がそれなりに居たんだと思うんですけど、ヤフオクで、定価以上の価格で落札されてる方がいらっしゃいました。。。南無。

で、使ってみた感想は、悪くない。
比較対象はおのずと、TA-GA3になりそうなものだけど、TA-GA3の難点といえば
・AF音がうるさい
・像面位相差/コントラストAFのはずなのにレンズ個体差でピンずれが出る。
と、難点ありありなんですが、少なくとも上記2つは解消。いや、AF音はそれなりにしますけど、TA-GA3と比べればだいぶ改善。
純正レンズは無音に等しいレベルなので比較しちゃだめ。。。

でまぁ、公式サイトでも規定重量内の範囲であればアダプタ多段で他のレンズも使えるよ!くらいのこと言っていて
それを見越して、EOS-LMなアダプタを用意していたわけですよ。もともとEOSに寄せて、EOS-FEのヘリコイドアダプタ使っていたりしたので。

そしたらですよ。このザマなんです。

dsc00671

お分かりいただけただろうか・・・早い話が、マウントできねーのです。

dsc00672

原因は、アダプタ全面下部のカバー部分の出っ張りがアダプタに干渉するため。
画像でおわかりと思いますが、出っ張りに干渉しないように削り作業中でございます・・・w

じきに完成するとは思いますが、いつになるやら・・・w

ちなみに、NGだった手持ちのアダプタは、K&F CONCEPTのEOS-L/Mです。
この商品が悪いワケではなく、どうかんがえてもLM-EA7が悪いわけで・・・

ちなみに、確認できた限り、
・RAYQUAL MD-LM V3
・ノーブランド C/Y-L/M(作りがK&F CONCEPTに似てる気がします)
はOKです。

店頭で試した結果で、KIPONのEOS-LMもNGでした。
TECHART PROの通販ページに、「Adapter (Canon EF – Leica M) $70.00 /pc」って書いてあるものがあるんだけど
コレは大丈夫なのだろうか・・・70ドル出して試そうとは思わないけど。。。

と、この問題の解決のアプローチとして、こちらのサイトの方が、干渉するカバー部分を3Dプリンタで自作したようですが、すごいなぁ。。。

とまぁ、買ってみてわかった問題はいくつかあったわけですが
最新ファームでのAFはそれなりに実用性があるかなって思ってます。

それはそうと、購入前から気になっていた「レンズデータ10本まで登録できる」ってアレ
設定は例によって絞り値設定してシャッターだろうとは思っていてその通りだったけど
登録の方法が全然想像つかなくて、情報も全然無くて。

今はもうわかっているんですが、その内容は次回の記事で。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク